<< 「小沢氏は説明尽くすべき」=鳩山首相(時事通信) | main | 伊丹発JAC機、通信装置に雑音で目的地変更(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.03.27 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


山本病院事件、専門医は用いない「無謀な手術法」(読売新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で2006年、肝臓の腫瘍(しゅよう)摘出手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長の山本文夫被告(52)(詐欺罪で実刑判決を受け控訴中)らが、男性に対し、背中側にあった腫瘍を、胸部を縦横約15センチずつ開き切除する方法で執刀していたことがわかった。

 専門医なら使わない手術法だといい、県警は、知識と経験がない山本被告らの手術の実態解明を進める。

 捜査関係者によると、男性の肝臓の腫瘍は肝静脈や大動脈など、重要な血管が近くを通る右脇腹の背中側にあり、肝臓手術で最も難易度が高いとされる。

 専門医によると、背中側に腫瘍がある場合は、胸から下腹部にかけて大きく開腹。その後、肝臓を裏返して腫瘍を切除する「脱転法」を用いるという。

 しかし、同病院の看護師らの証言では、山本被告らは胸だけを開き、十分に止血しないまま肝臓を胸側から切り進んで、背中側の腫瘍を切除。この方法について、専門医は「あまりにも無謀なやり方だ」と驚く。

路上で185万円奪われる 東京・千代田、会社の預金引き出し直後(産経新聞)
「日本国籍者に限定を」 参政権問題で国家基本問題研究所が提言(産経新聞)
殺人 石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)
<殺人未遂>男子高校生刺した容疑 男から事情聴取 徳島(毎日新聞)
L&G元会長に懲役18年求刑 「円天、空前の大詐欺」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.03.27 Saturday
  • -
  • 22:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化
出会いランキング
無料ホームページ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    AtoZ (08/27)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    アジャ公 (05/05)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/11)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    道隆 (01/04)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    タンやオ (12/30)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    リョータ (12/25)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    モグモグ (12/18)
  • 産経新聞iPhone版をヱビスビールが“ジャック”(産経新聞)
    mbt (12/14)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    ちんたまん (12/05)
  • 電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
    さもはん (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM